Histoire de française

Histoire de française

フランス人の生き方

フランス人の興味

フランスの演劇

LINK

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

芸術文化の中心地

芸術文化の中心地

フランスは芸術の国としての立場が確立されています。多くの芸術家が国内外から集まり創作活動を行っています。ピカソ・ゴッホ・モネなど多くの著名な芸術家を輩出してフランスの美術館では多くの作品が展示されています。
世界的な作品を鑑賞するためにフランスを訪れる観光客は後を絶ちません。

劇場

ほほえむ女性

フランスの演劇は、ルネサンス期に始まったといわれる。
17世紀以降、コルネイユ、ラシーヌ、モリエールなどの劇作家による喜劇が人気を集め、フランスの演劇は本格的に発展しました。

パリにはとても多くの劇場があり、そこでは「前衛劇」の芝居から、オペラやバレエ、シャンソン、パントマイム、レヴューまでを含めて多種多様の演劇が開催されています。パリの市民たちが本当に心から「自分たちのための芝居」だと信じてひいきにしているのは、いわゆるプールヴアールの芝居です。
「ブールヴアール」というのは、パリめオペラ座から右に長く長くのびるパリで一番長い大通りで、そこにはいわゆるブールヴアール芝居とよばれる「パリ市民のための劇場」が建ち並んでいます。

美術、文芸、音楽、デザインなど芸術とされるものは多岐にわたりますが、舞台芸術である演劇も芸術の一つとされて、人々は映画のように楽しんでいます。